忍者ブログ
  • 2018.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.06
梅雨空

曇天のいよいよもって雨となる


空全体を鉛色に染め、雨のしずくが滴り始める。
乾いた地面は、点描画のように、しだいにその範囲を拡げ浸食が始まる。 

PR
【2014/06/25 15:10 】 | うつろい | 有り難いご意見(0)
初日の出
悠久の時の流れや初日の出


新しい年の初めの日が昇る
光り輝きまばゆさの尽きることなく繰り返す
幾千万も古に思いをはせて厳かに
生れし年を祝いたれ

  
【2014/01/01 06:55 】 | うつろい | 有り難いご意見(0)
憂鬱
マスク顔 あたり前となる 春来たり
 

【2013/03/01 12:00 】 | うつろい | 有り難いご意見(0)
梅雨入り
いつのまに 梅雨となりたる 雨すだれ

梅雨入りはいつもあいまい、雨がつづくはうっとしい
「○○地方は梅雨入りしたと思われる」…梅雨入り宣言が出されると、この雨も恵みの雨と翻り
少しくありがたくおもえてきて、なんとなく楽しい




【2012/06/10 10:00 】 | うつろい | 有り難いご意見(0)
息吹の時
桜の花は、風に散り音もなく舞い降りる。
木々の芽がふつふつと目を覚まし、山々を黄緑色にと変えてゆく。
赤・白・黄色・オレンジ・ピンクと花々は競うように咲き乱れ、華やかな宴に誘う。
暗く重いコート姿はいつしか消え去り、陽光は強さを確実にして、淡色に希望の胸が膨らむ。
命の不思議を、ただ何気なく受け入れて気づかず。

【2012/04/15 11:03 】 | うつろい | 有り難いご意見(0)
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>